ブログトップ
カテゴリ:雑   書( 59 )
サッカー東アジア選手権②
さて、男女共催のサッカー東アジア選手権第二試合が行われました。

どーもこの大会は日程的にかなり厳しいですね。
女子なんて中1日ですからね。

第二試合は男女とも中国戦です。

結果はまたしても男女共同じ結果で引き分けでした。


●女子

格上中国相手に押し込みました。
北朝鮮戦にくらべると完全に試合を支配しました。
「ボールをキープしてパスを回し、シュートまで持っていく」一番大事な事が
きちんとできていました、運動量も多く、押し上げも出来ていて
こぼれ玉もよく拾っていたし、1対1の局面で負けていませんでした。

残念なのはシュートの正確性を欠いてしまったこと・・・ここだけ。
と言うかここが一番だいじだったんですけど。
決定的チャンスもかなりつくりましたけどねー・・・・残念です。

ただ、女子サッカーのレベルは確実に上昇していますね。


●男子

北朝鮮戦で不甲斐ない試合、パフォーマンスだった為にスタメン総入れ替え・・・
思い切ったねジーコ。まぁ気持ちはわかるよ、北朝鮮戦は本当に必死さのような
ものが足りなかったと思う。

で、今回はアテネ五輪のときのメンバーが中心メンバー。
前半は完全にペースを握り、決定的な場面を何度もつくり、押しまくって
いた日本は2失点。
後半は前半のハイペースが祟ってペースが落ち、それほどチャンスが
つくれなかったけど、2得点。

試合ってつくづくわからないものですね。
ただ、ジーコ采配はちょっと微妙・・・・2点とられて相手が引いたところで
巻を交代で下げるってのはまったく意味不明。
日本は良い攻撃を出来るときってのは中盤にボールが収まったときなんだよ。
だから、FWを3人にしたって結局いい形はつくれないんだ。

だから、あの場合は玉田じゃなくて小笠原、三都主じゃなくて、福西をいれて
前線にでしょ・・・・・。

あと、DFはやっぱり中澤は必要・・・・坪井はスピードがあるけどマークは
はずすし、1対1ではいいようにやられるしでちょっと出直しといで。
茂庭も攻撃はいいけど、守備は不安あり。

良かったのは田中達と阿部・・・・オマケで今野と駒野ぐらいですか。


男子はあいかわらず、どうしようもないジャッジ・・・・いいかげん
抗議したりしないのかねー?
韓国戦はもっとすごいジャッジになるんだろうねー。
[PR]
by driplanguage | 2005-08-03 23:59 | 雑   書
サッカー東アジア選手権①
また眠れない日々がやってきました。
今は仕事が忙しいのでどーしても録画したものを深夜に見るという
かたちを取らざる得ません。

今回から男女同時開催でそれぞれの優勝はもちろん、
男女の勝ち点を合計して総合優勝国を決めるという面白い企画。

初戦は男子・女子共に北朝鮮。
男子はW杯予選で苦しみながらも2勝、女子はアテネ五輪予選で
大金星の勝利。
男子にとっては格下、女子にとっては格上の存在。


で、結果はというと男女共に0-1で負けてしまいました・・・・・・。


●男子

昼間からお酒を飲んでいたので、前半20分近く寝て見逃してしまいました。
全体的に集中力がなく、パスミスを連発、DFラインからの前線へのパスの
精度も悪く、シュートも消極的。
勝とう!と言う気持ちがちょっと足りなかったかなぁ。
失点シーンは小笠原、中澤が自陣のペナルティーエリア内で相手にパスを
するというどうしようもない失点。
先制されてからの選手交代も微妙で、あれだけ引かれたらスペースも
ないんだし田中達よりも先に巻でしょ?
・・・本山なんて何しに入ってきたかわからんし。

前線でスルーをするはいいんだけど、バカの一つ覚えみたいで
ほとんど失敗だし、もっとワンツーとか織り交ぜないと。
シュートも大部分を枠外に飛ばすなど相変わらず精度は低いし。

それから大黒を先発に使った副作用が出てしまいました。
途中から流れを変えられる選手がいないのと、後半の勝負所での
キレのある動きが出来なかった、出場時間が長いために強引で積極的
プレーがやや陰を潜めてしまった・・もっとゴールに向かった動きと
強引なシュートが欲しかった。


※東アジア選手権・・・苦戦するであろう予想要因

・海外組の不在などベストメンバーを組めていない。
・開催国が韓国であること。
・審判の不正ジャッジ(対韓国戦)。


●女子

相手が格上の北朝鮮、アテネ五輪の予選では3-0と大勝したが
やはり北朝鮮は上手かった、1対1の強さ、スピード、展開力、守備の連携、
前線からのチェックとどれをとっても日本よりも優れていました。
結果的に1点を取られて負けましたが、内容はそんなに悪くなかったです。
セットプレーとカウンターから攻め込まれたものの、しっかりと守り、
決定的なチャンスはそれほど与えませんでした。

逆に日本の攻撃はパスが上手く繋がらず、DFラインからのパスもイマイチ精度
が悪くなかなか最前線のFWにボールがわたらず、苦戦。
それでも澤や安藤が随所で好プレーを見せ、決定的な場面を演出するが
決め切れませんでした・・・。
後半は足が止まってきた北朝鮮を攻め立てますが、残念ながら得点は
奪えず・・・最後、ロスタイムに連続FKで見せ場も作ったんですけどね。
でも男子に比べて勝ちに行く姿勢は感じられました。


次は男女共に中国戦です・・・・次は男女共に勝ってほしいね。
[PR]
by driplanguage | 2005-08-01 23:59 | 雑   書
記事200件突破!
コツコツのんびり更新しつづけてやっと記事数が200件に達しました。

2005年1月1日に開設して半年あまり、
記事数200件、1057件のコメント、38件のトラックバック。

ここまでやってこれたのも皆様のおかげでございます・・・
なんて事は全くなくって、全て私自身の力です。


とは言え、コメントを頂いたり、リンクしてもらったり、メールを貰ったり
ってのが励みになり、力になっているのは事実です。

現在、仕事がとても忙しく、国家試験の勉強もあって
なんかまともな更新になっていないんどえすが、どうぞ宜しくお願いします。
[PR]
by driplanguage | 2005-07-27 23:59 | 雑   書
K-1 WORLD MAX 2005
今日は格闘技のお話。

この仕事がクソ忙しいのに見たいテレビ番組はしっかり録画です。
そして、夜な夜な夜更かしをして見るのです・・・・体が・・・・。

で、楽しみにしていた”K-1 WORLD MAX 2005”ですが、

トーナメントの一番大事な決勝戦つまり優勝を決める
試合の大部分がカットですよw
1Rだけ見せて、2R・3R・延長Rと3R分も完全にカットですよ!
そして再延長戦を放送して終了・・・・・・・・。

格闘技ファンをなめている。

そりゃたしかに日本人が1回戦姿をけしちゃったらってのはあるけど、
誰がどう考えてもオカシイよ!

プンプン(珠緒風)。


で、試合の内容。

・○魔裟斗vsザンビディス×
なんとも呆気ない試合でしたねーペース的にはザンビディスが有利な感じ
だったけど、途中で魔裟斗がカウンターでダウンを奪い、あとはひたすら
逃げ回ると言うまぁなんともお粗末な内容。
ダウンを奪ったパンチも体制を後方に崩しただけで、ダメージによる
ダウンじゃないし・・もともとどんな内容であれ、判定になれば
ザンビディスに勝ちはないのでKOを狙っていたと思うけど、
逆にダウンと取られてはもはや玉砕覚悟で一発狙いの試合運びしかないし
・・・・日本人はとにかく有利だよね。

・×小比類巻vsサワー○
序盤こそなかなかいい試合運びをしたが、中盤以降はペースをつかめず
とにかく消極的な試合運びの小比類巻はまったく見せ場もなく
パンチを浴びまくって判定負け・・・・まぁ当然かな。
一方的な試合にもかかわらず、ジャッジの1人がドロー判定だすなど
あり得ないジャッジ・・・・日本人贔屓はいい加減にヤメロヨ。

・○クラウスvsウェイン×
ボクシングスタイルのクラウスが1Rは圧倒、2Rはウェインがキックで
盛り返すが有効打はなく、トータル的にクラウスが制した感じ。
それほど力に差があった感じはしないけど、でも良い試合だった。
クラウスさすが!

・×安廣vsサワー○
前の試合の傷が悪化したのか、あっという間のTKO。
ルールとはいえ個人的にはザンビディスが上がってくるのがスジのような
きもしますが・・・戦闘不能にしたのも対戦相手の強さなわけだから。
安廣のあのアクロバティックなキックは倒れている相手に攻撃できないK-1
ルールでは反則だと思う、柔道でいえばかけ逃げにあたるもん。
技を出した後に転んでしまったのではなく、転ぶのが前提だもん。
あんな技は総合ルールだったら使わないでしょ?

・○ブアカーオvsクラウス×
クラウスが勝つかなぁーと思ったけど、ブアカーオのキックが勝ったね。
決定打はなかったけど、とにかく打数が多い。
ガードの上からだけど、両腕にかなりダメージをあたえていたかも。
たぶん、判定でも好印象だよね・・・事実上の決勝戦でした。
クラウスの調子が良さそうだっただけに残念。


・○サワーvsブアカーオ×
大部分がカットだったので、よくわからんが、おそらくサワーの方が
うまくパンチをヒットさせていたんじゃないですかねー。
延長戦もブアカーオはクリンチばかりでスタミナが完全に切れていましたね。
でも、サワーのパンチの技術はかなりの物だともうし、
ディフェンスもかなりしっかりしているし・・・・うーん。
判定でサワーが優勝なわけですが、まさかサワー優勝するとは・・・意外すぎる。


とにかく、いい加減に日本人贔屓のジャッジやテレビ放送など
どうにかしないと、本当の格闘技ファンは去っていくとおもうけどねー。
[PR]
by driplanguage | 2005-07-21 23:59 | 雑   書
女子バレー!ワールドグランプリ2005
なんか散々ダラけたのに、まだダラけてるよコイツ~、
「さっさと更新しやがれっ!」の声が聞こえてきそうです・・・・。

先週末から見に来ていただいて奇特な方々、無駄足ばかり踏ませて
申し訳ありません。

実は仕事がちょっぴり忙しいのです。


ま、誰もこのブログにそこまでの期待はしてないか・・・・。


そんな訳で今日は先日まで開催されていた女子バレーのお話。
私はスポーツはわりと全般的に好きなのですが、その中でも特に
球技が好きで、その中でもサッカーが一番好きです。
そして、その次ぐらいに好きなのがこの女子バレーです。

そう、弾ける笑顔、飛び散る汗、すらっと延びた手足、露出する二の腕、
強調されたヒップラインに揺れるオッ・・・・イヤイヤイア違いますからっ!
それはまぁ二次副産物みたいなものでして、純粋に見ていて楽しいし、
興奮できると思うのですよ。

男子バレーとの違いはやっぱりラリーがあるかないか。
サーブの強さやアタックの強さブロックの高さで勝負がきまる男子と違い、
レシーブ力、スパイク力、そしてコンビプレイの精度と多さ、この辺が
鍵になりますから。

今回の日本チームはアテネ五輪でメダルに手が届かなかったのチーム
からかなりメンバーを入れ替えました。
(怪我で合流出来なかった選手もいますが)。

大型化を図ったチームから一転、スピードとレシーブ力を強化し
拾って繋ぎ、コンビで決める日本従来型のチーム編成に戻してきました。

また大友をセンターからエースポジションへ、サイドアタッカーに高橋と
吉澤、菅山は本来リベロでの召集だったが、大山、木村選手の怪我に
よる代役でアタッカーに転向しての起用。

予選リーグは6勝3敗の5位で通過。
以前から苦手にしてきた韓国をストレートで2回くだし、
今大会優勝国のブラジルにもフルセットにもつれ込む接戦。
アメリカにも1勝1敗と検討。
このあたりはかなりチームとして良くなった印象がある。

決勝リーグでは強豪国相手に善戦はするものの
勝ちをもぎとれず、1勝4敗、5位での閉幕。
互角に戦いながらも勝負所でミスを重ねて自滅してしまった。

予選リーグのブラジル戦、決勝リーグのブラジル・キューバ、中国戦と
TVでも過剰に言われている1点が大事な場面で大友のサーブミス。
もちろん、大友一人の責任でなんてないのですが。
そのちょっとの差で取れたセット、試合もあったように思います。
全体的に勝負弱さのようなものを路程しましたね。

各選手の評価感想

●セッター竹下
安定したトスは流石、ただイタリア戦ようにセンターのコンビが
決まらないときに、勇気をもってセンターラインを使えるように、そして
キューバ戦も最終セットにコンビを使わなくなって連続シャットアウト・・・・
どんな場面でも冷静にコンビを使えるようになれば完璧。

●アタッカー大友
安定したアタックは流石、あとは酷評されている勝負所でもサーブですか。
ジャンプサーブに転向してはどうかなぁーとも思ったのだけど。
あとはブロック数が若干低いかな?

●センター杉山
かなり安定していたように思う、スパイク、サーブ、ブロックどれも
一定以上の数字をのこしたような気がする。
スピードは相変わらずあるので・・・成長したなぁー。

●センター宝来
ブロックが予想よりも強化されていて好印象。
冷静のプレーが光った反面、課題はサイドからのスパイクに決定力が
ないので、もう少しパワーで押し切るようなスパイクが
あってもいいのかなー?と。

●アタッカー高橋
あの身長でベストスコアラーですからね。レシーブにスパイクに
サーブに付け入る隙はないですね、日本の宝ですわ。
ブロックアウトやワンタッチをとる技術はもはや芸術。

●アタッカー吉澤
高橋と似たようなタイプのアタッカーでレシーブも良いが、スパイクに
若干のムラがあるような気がするし、威力がいまいちなので
韓国やブラジル、中国のように拾うチームには苦戦している。

●アタッカー菅山
本来リベロなのでレシーブ力はさすが、アタックもキレで言えば
日本チームのナンバー1だと思う、ただスパイクが真っ向勝負なので
長身チームとの相性はイマイチ。

●リベロ櫻井
うーん、正直リベロとしての働きとしてはちょっと不満です。
活躍もしているが、サーブレシーブの雑さがかなり目立った
ように思う。コンビバレーが主体の日本にとって一番大事な部分の
なので改善の余地ありだね。


その他の選手は出場時間が短すぎてコメントは無理。

やっぱりサイドアタッカーに1人は長身選手が欲しいですね。
前衛に竹下が上がってきたときに高橋、吉澤、菅山の身長では
やはりブロックがしんどいですからねー。
それと、ジャンプサーブを打てる選手・・・もう一人は欲しいところです。

北京五輪はぜひ、メダル奪還を目指して頑張って欲しいです。
[PR]
by driplanguage | 2005-07-19 23:59 | 雑   書
メンテ。
エキサイトブログは16日、まるまる1日メンテナンスでしたね。

最初はAM1時~PM5時までの予定がドンドンずれていって
結局、その日に復旧しませんでした。

たしかに何万人と利用しているのですから、サーバーの増設や
移行作業なんて作業を想像するだけで嫌気がさしますよ。


各社のブログの中では軽いと評判のブログですが、
最近少し重いなぁと思っていたところです。
読み込む速度が遅かったり、コメントを書き込むのにやたらと時間が
かかったりすると嫌気がさしますからねぇ。

で、メンテは終わりましたが、どーも画像関係の表示の調子が
いまいちなようで、画像が表示されていないブログを見かけるので
なんだ、メンテが終了したばかりなのにねぇ。

最近、自分でブログを作ろうかなぁ等と無茶な事を考えています。
結局やらないんですけどね。
[PR]
by driplanguage | 2005-06-17 12:35 | 雑   書
緊急報告!
さて、私のブログのカテゴリに「タモリ雪像」と言う意味不明なカテゴリが
存在するのに気づいている人もいるとは思いますが、
実はここ3年、毎年札幌雪祭りの市民雪像製作に参加「タモリ雪像」を
製作しているのです。

そんな我々が札幌雪祭りで製作した”タモリ雪像”がまたしても
「笑っていいとも」に登場する!!かもですw

何かの企画に賞品に使われる、”2006年札幌雪祭りツアー”の
写真パネルとしてタモリ雪像を使うつもりらしいです。
詳しい話はわからないのですが、フジテレビから札幌市に問い合わせが
あり、それが私の友達のところに連絡が行った模様。

で、昨日の夜、

「タモリ雪像の昼間の写真がないか?」

と友達から電話がありました。

みんな夜間の写真ならたくさん持っているのですが・・・・。
我々は一応社会人ですので製作は主に夜間に行われ
ました、よって写真も夜間の写真ばかりなのです。
今年は制作期間に土日を含まなかったのでなおさら無いのです。

また我々は基本的には雪祭り開催期間中に雪祭り会場には行きません。
(雪像修復日は例外ですが)。
あんな人混みやインフルエンザのメッカには近寄りたくありません。
”雪祭り危うきに近寄らず”です。

そんな訳で、今年の写真はあきらめて去年の写真を使う事にしました。
私がデジカメで撮った3枚ぐらいをピックアップして送ったよう
なので上手くいけば「いいとも」に登場します!


放送日はなんと今週の金曜日、つまり明日の「笑っていいとも!」!!

必見です!
ビデオに」撮ると良いです、DVDに録画なんかもいいんじゃないかなぁ。
[PR]
by driplanguage | 2005-05-19 10:05 | 雑   書
ハナマル。
今日はハナマルの話、少し前に話題になった事なんです。

ハナマルと言っても「はなまるマーケット」や「はなまるうどん」では
なくてですね、テストの採点でドドーンと派手に登場する”花マル”です。

スペシャルに正解したとき!まさにキングof正解、正解の中の正解に
与えられる花マルですよ、知ってますよね?
あのたいへんよくできました!ってやつだよ。

小学校の頃なんかは正解にも普通のマルや二重マル、
そして最上級の花マルってのがあったはずです、いやあるんです!
マルの中に渦があって、マルの周囲に花弁らしきモノで装飾されて
豪華な正解マーク。

この花マルが子供達にどれだけの勇気と感動を与えたことか。
もうみんなこの花マルの為に勉強していると言ってもいいぐらいでしょう。


さて、その子供達のアイドル”花マル”ですが、いったいどのように
書かれているか?って事が話題になったんです。
つまり、花マルを貰う側ではなく、採点する側の事です。
貰ってうれしい花マルですが、確かに書く方はたまったもんじゃ
ないですよ、面倒くさいですもんね。
進研ゼミや公文なんかもでおそらくこの花まるは登場するはずですが
さざ、あなたはどのように花マルを書きますか?丁寧かつ早くっ!

中心から周囲に向かって渦を書き、その勢いで花弁を書きますか?
それとも、外周から中心に向かって渦を書き、最後に花弁?
まさか花弁からって事はないですよね?

そんな無意味をフッと思い出して考え込んでしまいました。
ちなみに私は外から内に向かって渦を書いて最後に花弁かなぁ。


その他にもパスタを食べるとき、ホークの回転方向は?とか。
納豆をかき混ぜるときは、時計回り、それとも反時計回り?とか
気になったりしますね。
[PR]
by driplanguage | 2005-05-18 20:20 | 雑   書
テレビドラマ。
仕事が結構ホンキで忙しい、今週ぐらいでなんとかケリが付きそうだけど。


さて、テレビを見られるようになって日曜に結構テレビを見ました。


▽「花より男子」

これ、少女マンガを実写化したものなんですが、なぜか俳優が
韓国?台湾?中国?のアジア系の人で吹替版なのですよねー。
この漫画は妹が持っていて途中まで読んだことがあるのですが
結構面白いです・・・少女漫画って案外好きだったりします。

漫画の設定でカッコイイ超お金持ちの男が4人出てくる設定なの
ですが、どーもどの人もイメージと違いのだよ。
内容は面白いけども俳優は×。


▽「池袋ウエストゲートパーク」

これは窪塚君(長瀬君も)が出演しているドラマです。
いやもうマジこのときの窪塚君はカッコイイですよ!
ちょうどやっていたのが最終回だったんですが、ついつい見てしまいました。
このドラマは私の中で今まで見たドラマの中でもかなり上位にランクイン
の面白ドラマです!
[PR]
by driplanguage | 2005-05-17 23:56 | 雑   書
おもしろそうななので参加!
13日の金曜日でしたね。
だからどうだって事じゃないですけどね。

「タイガー、タイガー、じれっタイガー」ってなんですか?
妹に時代遅れって言われたんですけどなんのことなのかさっぱり。


さてさて、面白そうなシステムあるようなので使ってみることにしました。

レッドクルーズ

ログログシールを貼っている人同士で、お互いのblogの訪問者リストを
公開しあえるというものです。
改良の余地はまだまだありそうですが、なかなか良いシステムだと思います。
[PR]
by driplanguage | 2005-05-13 23:48 | 雑   書