ブログトップ
2005年 10月 01日 ( 1 )
人気ブログランキングについて。
さて、昨日の記事についてイロイロとコメントをいただけたのですが
個人的にはちゃんと考えて、自分の意見をしっかりと持った上で
人気ブログランキングに参加しました。
また、その運営方法も十分に考えた上ではじめたつもりです。

ブログをはじめた理由ってのは人それぞれだとは思うのですが
大部分の人間は自分の書いた記事を読んでもらいたい!、また他のブロガー
とコミュニケーションをと取りたい!と言うのが本音だと思う。

(もちろん全く別の目的のひとも居るとはおもいますよ、現実逃避だったり
ただの暇つぶしだったり、お金儲けだったり、イロイロあることでしょう)

そう考えると、記事を読んで貰うにも、コメントをもらうにも
ある程度のアクセス数と言うのが必要になってきますよね。
だからアクセス数にある程度拘るのは恥ずかしいことでもなんでもないと
私は考えます、これは自分に対する評価であり明確な目標にもなる。

基本的には誰かに自分のブログを見てもらわないと交流が始まらない。
もちろんコツコツと他人のブログにコメントをつけるのも一つの方法だし
一番真っ当だと思う。しかし、この手のやり方だと、本当に狭い範囲でしか
他人との交流が持てないわけです。

そこで登場するのがこの”ランキングサイト”です。
ここにはイロイロなブログが集まっている上に、アクセス数の順番にブログが
並んでいますから、人気があるブログが一目瞭然ですね。
”アクセス数がある=ブログの人気が高い=面白い、見る価値がある”と言う
図式が簡単に成り立ちますよね・・・・まぁこの図式は理論上はそれほど
間違ってはいないと私は思います。
がしかし、実際はどうなのか?と言うと、必ずしもこの図式は成り立っていない
と言うのが現状だと思う。
ランキングの上位のブログをいくつか見ていけばわかると思うが
「何故このブログがこんな上位に?」って言いたくなるようなブログが
多数存在すると思う、コメント欄をみても数件しかコメントがなかったり。

まず多いのが「ニュース系ブログ」、そして「エロ系ブログ」。
この二つは中身がどうとか関係なくアクセスは自動的に集まる。
ある程度のアクセスがあれば、ランキングも上がるし、ランキングが
上がれば自動的にまたアクセスが増えると。
ブログの記事を読む、読まないに関係なくとにかく通過交通的に
アクセス数が増えるわけだ。

その他にも系統に関係なくランキング上位のブログで同じような現象が
おきているブログは多いのではないかと思う。


ただ、上記のような状態だと、アクセスはあるけどもちゃんと記事を読んで
くれているのかもわからないのが現状だ。
これはちょっと私が望む形とは違うわけです。
バナーを押してくれるのは記事を読んでくれている常連さんよりも
むしろランキングサイトをうろついている通過交通者の方が
多いと言う現実なんです。

あくまでも記事を読んでもらいたい、そして出来れば反応が欲しい。
そしてそこから交流が生まれる・・・・これがベスト。

そこで考えたのが昨日の記事になるんですよ。
各記事の最後部にバナーを置くと言うことと、ボタンを押してくれた人に
対するオマケなんですね。

はじめて訪れた人だろうが、常連さんだろうが、ちゃんと記事に目を通して
頂いた上でランキングバナーを「ポチっ!」としてもらう。
これが本当の理想なんですよね。
もちろん何もなくても善意で「ポチっ!」っと押してもらえるのが
理想ですが、実際はバナーボタンを押す人には何のメリットもない
ですからね。

で、あれば押してくれた人に何か付加価値を付けてあげようと思うわけです。
たしかにコレが文章の中間にあって、残り半分を読むのに投票しなくちゃ
見れないと言うような事であれば、これはちょっと艶消しだと思うし
さすがにフェアじゃないと個人的には感じます。

正直アクセス数をただ上げる為だけならこんなランキングに参加するよりも
もっと簡単に1日2000ヒットぐらいなら稼ぐ方法はあります。
でも、それは本当にただの通過交通でしかも一時的なものです。
これは正直むなしいと思います。

とにかくコレが私の理想系です。
読んでくれた人が投票してくれる、通過交通的な投票じゃなくって
常連さんほど投票して欲しい、そのために付加価値を付けてあげる。
ようするに投票してくれた人に対する感謝の気持ちみたいなものです。
快く投票してもらえるように工夫するわけです。
それが正しい(?)ランキングのありかただと思うんですよね。

このやり方や考え方はもちろん全ての人に賛同して貰えるわけでは
ないとは思うけども特に間違っているとは思っていません。
もちろんコレが必ずしも正しいとも思っていませんが。

と、こんな事を考えてランキングに参加したのです。
なんですが、実際はオマケボタンが設置できなくて完全に机上の空論に
終わってしまったわけですが・・・・・。

昨日、何人かに同情の「ポチっ!」頂けたようです。
残念ながらオマケはつけてあげられませんでしたが、適度に「ポチっ!」って
していただければ幸いです。

 ご理解とご賛同をいただけた自称美人さんはwポチっ!
[PR]
by driplanguage | 2005-10-01 23:48 | 雑   書