ブログトップ
2005年 06月 24日 ( 1 )
観ました?ねぇ観ました?
コンフェデレーションズカップ2005 | Excite エキサイト : スポーツニュース特集

観ましたよ、ワールドユースともかぶって寝不足もいいところです。
それでも、試合内容は眠たくなることなく楽しく観ることができました。
早朝から熱くなっていましたよ。


コンフェデレーション杯 予選

日本(アジア王者)vsブラジル(世界王者)


結果は2-2の引き分けですが、得失点差でブラジルを上回る
ことができず、予選敗退となりました・・・残念ベスト4に届かず。

ギリシャ戦、あれだけの得点シーンがありながら決められなかった
つけがここにまわってきたわけです。
仮にギリシャに3-0で勝っていれば、総得点の差から引き分けで
も日本が決勝進出でしたが・・・まぁその時はブラジルも戦い方が
かわるのでなんとも言えませんけどね。


内容はとってもいいゲームでしたよ。
前半早々、日本はワンタッチプレーでパスを繋ぎ加地がゴールを決めますが
無情にもオフサイドの判定・・・・かなり際どい感じだったんですが
再生映像を見る限り微妙だけどオフサイドかなぁ、微妙じゃない?
判定も遅かったんじゃない?
もう、テレビの前でおもいっきりガッツポーズをとっただけに
ちょっと虚しかったw

逆に失点シーンは日本のCKのこぼれを加地が奪われてそのまま
カウンターであっさりとヤラレました、電光石火でしたね。
日本はギリシャ戦で見せた中盤や前線からのプレスに行けず
ブラジルの早くて正確なワンタッチパスとドリブル突破で日本の
中盤をかき回される展開。

そんな悪い展開の中で、中村俊輔がミドルと言うかロングシュート
をぶち込んで同点・・・・絶叫!
あの、ブラジル代表から点を取りましたよ日本!!
それも目が覚めるような豪快ワールドクラスのシュート。

これで、日本ペースになるかと思った矢先に
ロナウジーニョにゴール前で押し込まれて失点・・・やっぱり強い。
そこから前半終了まではブラジルがゆっくりバックラインでボールを
ダラダラまわす時間稼ぎ、しかし日本もボールを奪い前には
出ていかず、そのまま1-2で前半終了。
その他にもセットプレーから柳沢のヘディングがゴールバーを
たたくなど見所はありました。
ピンチはカカのシュートがゴールポストたたいたり、
ロナウジーニョの正面からシュートを川口ファインセーブ等。


後半は初めから玉田に代わって大黒が出てきました。
頼もしいねぇ、大黒がベンチにいる限り日本はまだ余力を残している
事になるからね・・・しかもピンピンしているわけだから。

そんな後半は一進一退、チャンスありピンチありでした。
日本は前半ほどんどPA内に入らせて貰えなかったのですが
大黒が入ったことにより危険地帯に進入、大黒のスルーパスに
柳沢がGKと1対1になるがGKにシュートを弾かれゴールできず。
その後も大黒のサイド突破から中央に折り返し、中村がフリーで
スライディングシュートするもギリギリのところでゴールラインまで
戻っていたDFがクリア。
この2つの決定機を逃したのが痛かったです。

逆にブラジルの攻撃はそれほどリスクは犯さない消極的な攻撃で
それほど驚異を感じなかったのですが、CKからのこぼれ玉を
ゴール前至近距離で打たれたシュートを川口が石崎君ばりの
顔面ブロックで止めるなどスーパーセーブ。
(ちなみに川口が倒れて5分程度試合中断w)。

その後、選手交代で小笠原を下げて、中田浩二をボランチに
おき、中田英をトップ下に上げ、柳沢に代えて鈴木を投入。
勝負を掛ける。
個人的にはボランチには最前線まで出ていける稲本でいって
欲しかったんだけど・・・・。

そんな日本、後半終了間際にビッグチャンス到来。
ゴール前でファールをもらって、直接FK・・・蹴るのは
もちろんファンタジスタ中村。

中村が蹴った直接シュートはカーブがかかってゴールマウスに
吸い込まれるとおもったら、なんとゴールポストを直撃、
しかし、そのこぼれ玉に大黒と福西が素早く反応、
結局大黒が押し込んで土壇場で日本2-2の同点に追いつく。

でも反撃はここまで、必死のブラジルがボールキープや
時間稼ぎに、その後日本も惜しいチャンスを作りますが
決めることが出来ず試合終了。
ロスタイムが5分ぐらいあるかなぁーと思っていたのだけど
とってくれませんでしたね。

くやしいー!くやしすぎる!

でも、日本はここまで来ましたよ。
以前、同じコンフェデレーション杯でブラジルと対戦
したときは0-0の引き分け・・・まぁその時の引き分け
よりもずっと価値はありますけどね。

これでブラジルとの対戦成績は2分5敗・・・未だ勝ち無し。

世界のトップレベルとの差は確実に縮まっています。
ただ、まだ技術的には及ばないです。
やっぱり日本は簡単なトラップミス、パスミスでボールを
奪われることが多すぎます、ちょっと軽いプレーが多いように
思うのです。
あえて、名前をあげるなら小笠原と三主都・・・・。
ただ2人とも良いプレーをするだけになんとも言えないけど。

とにかくドイツワールドカップに向けていい感じでチームが
出来ていることは間違いない。
東アジアカップなるものはあるけど、それ以外はさしたる
大きな国際大会もないので、ここはジーコの力で
強豪国とドシドシ強化試合を組んで欲しいです。

行け日本!がんばれ日本!
[PR]
by driplanguage | 2005-06-24 00:00 | 日   記