ブログトップ
2005年 01月 19日 ( 1 )
泣きっ面にマシンガン!!
先週まで流行性角膜炎で苦しみ、今週やっと普通の生活に戻れたな
と思った矢先ですよ、いきなり右足の親指裏が腫れてきまして、
何だこりゃ?と。
本人の脳が正常だと仮定した話ですが、ぶつけた記憶とか無いです。
えーと夢遊病とかでエベレストを知らない間に征服とか
してたりしたらわからんですが。


昨日は足が痛いながらも普通に会社に行きました、
そしたらあれよあれよと言う間に足がボコボコ腫れやがりまして、
普通に歩く事もままならない状態に。
仕方がないので、今日は朝から病院(整形外科)に行って参りました。

私は生まれてこの方、整形外科に一度も行ったことはありません。
骨も折ったこと無いです・・・ある意味未体験ゾーンなのです、初体験?

正直、まともに歩く事もできない状態になってしまい、骨に異常があるのかも
ぐらい覚悟して行きました、ついに子供の頃憧れた松葉杖を使用する時が
来たのだろうかとちょっとワクワクしたのも事実です。

小学校の頃、クラスに1人は足などを骨折して松葉杖で登校してくるヤツが
いたものなのです、そいつはホラもう一気にクラスの人気者ですよ。
誰もが急に優しくなってりします、松葉杖貸して欲しいからね。
松葉杖なんて他の人の遊び道具ですよ、もうマシンガンとかになってましたね。

まさかこの歳で憧れの松葉杖か・・・・。
ギブスをはめられるのだろうか?
あれは外すときノコで切断されるとか聞くけど
足も一緒に切断されないだろうか?などと待合室で妄想したりするのでした。

で、診察はですね、先生にまず疑われたのが「痛風」
・・血液検査を受けましたが特に問題はなかったようです。
次にレントゲンで骨の検査・・・これも特に折れているとかは無かったです。
結局先生も原因は解らず、とにかく患部が炎症を起こしているのは
間違いないので薬をもらって退散、もし一週間で治らなければ精密検査が
必要とのこと・・・。

まぁそんな感じで、松葉杖もギブスも妄想だけで終了。
仕事も溜まってるし、痛い足を引きずりながら会社に行きましたよ。
なんだサラリーマンの鏡だね、人体鏡面仕上げだよ。

もう、とにかく動かない、歩かない、自分のディスクから立たない。
動かざること山のごとく。うん、しばらくテーマはこれ。

はやきこと山のごとく、静かなること山のごとく、
侵略すること山のごとく、動かざること山のごとく
「山山山山」

動かざること山のごとく、電話に出ないこと山のごとく
呼ばれても行かないこと山のごとく、客が来ても行かないこと山のごとく
もう、とにかく自分のPCに向かって黙々と仕事。

というわけで、深海モードたいだいま深度8000mで航行中・・・・。
[PR]
by driplanguage | 2005-01-19 23:34 | 日   記