ブログトップ
2005年 01月 15日 ( 1 )
センタァー!!シケンッ(変身のかけ声)!
微分積分パーンチ!、ケーリー・ハミルトンの定理キーック!
フレミングの左手の法則チョップ!
次の英文を和訳しなさい光線!!

・・・痛い(ボソ)。

センター試験だったみたいですね(無関係)。
あんまり考えたことなかったのですが、センター試験の”センター”って
一体全体なんの事なんでしょ?

やっぱり大日本帝国中央試験センターとかがあってそこに日本の未来を
おんぶやだっこ、中にはお姫様だっこまでかましちゃう有能なコセガレ共を
集めて試験をしていたのが発祥ではないかと思うとです。
(中央とセンターがかぶっているのはこの際見逃そう)

それがいつしか一般庶民にも浸透し今のセンター試験になったのだね。
なかなかいい学説ではないですか?発表しちゃいますか論文?

本格的に誰か知ってたら教えて欲しいですよ。
なんだか。、このサイトはクールに行きたいんだか、お笑いで行きたいんだか
解らなくなってきたよー。
[PR]
by driplanguage | 2005-01-15 23:11 | 日   記