「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
マイクロソフトなんて糞食らえ!!
うちの会社ではワープロソフトが2つある。
どちらも有名な会社のもので、言うもおろかワードと日本が誇る
で一太郎である。

最近、この一太郎が著作権の問題などで訴えられていたりするが
いったいワープロソフト戦争はこのままワードにシェアを独占して
終了なのか?

基本的に我が社(と言うほど会社らしくはないが)で作成された
昔の文書は一太郎で作成されたモノだ。
がしかし、時代の流れと共にワードを使用している会社が多くなり
メールでのデータ交換等に便利なワードも使用している。
最近はできるだけワードを使って文書を作成するように心がけている。

とは言え、会社にはいまだに一太郎のVer6とかウィンドウズ3.1とか
血迷ってMSDOS環境で動くソフトすら平気で稼働している会社なのだ。
かとおもえば、ADSLでバリバリネットが出来たりね。

10年前から変わらない環境が存在すると言うのはコンピュータの世界
から言えば規格外ではないだろうか?
10年前のハードやソフト、データなどもはや化石だろ?ってのが
コンピュータ業界というモノじゃないかと思う。

まぁそんなデタラメもいいところの環境であるから、
当然トラブルも頻繁におこるのだ。
特にワードは本当に原因不明だが、いきなりなんの前触れもなく
”不正な処理をしたので強制終了します”
とかもう冤罪もいいとろな理由でいきなり終了する。

いや、ホントにありえない。
いままでやっていた作業が一瞬で終了ぉー!!って巫山戯るな!
と声を大にして叫びたい。
まぁ解りにくいけど自動バックアップファイルがあるのだけどさ。
もうどうしようもなく不安定なソフトが多いですね、マイクロソフトは。

みんなが利用しているからマイクロソフト!って人があまりにも多くて
本当に困りものだと思うのですよ。
良いモノだからここまで普及したなんて事は全然ないです。
もともとパソコンにインストールされていたなんて理由もあるでしょう。

そんな私はマックユーザー!
まぁ、一太郎とワードどちらも機能的には帯に短し襷に長しなんですけど。
安定性は断然一太郎だと思いますよ。

そうそう、マイクロソフトのイルカ君いるでしょ、ほら、なんかいろいろ
説明とかしてくれるお節介なヤツ。邪魔だよ!とか思いません?

PCの調子が悪いときそんなイルカ君で遊んだりします。


                「多重影分身の術」
c0023440_033144.jpg

[PR]
by driplanguage | 2005-02-17 23:50 | 日   記