ブログトップ
クリーニング屋の陰謀!
たまーに、メインで書くことが決まっているのに、書き出しの
挨拶文を考えるのに、ずいぶん時間をかけちゃう事があります・・・・。

いつ頃からこの挨拶文を書き始めたんだろう・・・・・・。
やっかいな事をはじめちゃったなぁと後悔気味の蘭丸です。チャオ!


ここ数日、すっかり寒くなってきたので、冬物のコートを着用しています。
春に、クリーニングに出してあったんですけど、ホラ、クリーニングに
出すと、変な「紙のタグ」がついてくるじゃない!
うちのクリーニング屋は黄色い紙がついているんです!

よく、これを取り忘れて、恥をかいたりしますよね。
あと、値札を付けたまんまとか(笑)。
誰でも1度ぐらいはやっちゃったことがあるはずですよ。

隠したって無駄です。


そんな私もやったことがあるわけで、細心の注意を払いますよ。
恥ずかしいですからね。

今回は黄色い紙じゃなくて、何故か白色の紙でしたが、襟の部分と
なぜか左右の袖口に1つずつ付いていました・・・・
なんでこんなに沢山・・・・。


ってのが二日ぐらい前の話。

でね、今日会社から帰るときに地下鉄のホームに大きな鏡があって
自分を映してウットリ(笑)したりしていたのですが、
ふと、後ろ姿を映した時に、あっちゃいけないモノを見てしまいました。

コートの腰のトコロにある、ベルトに例の白色の紙が・・・・・・。


2日間、付けっぱなし・・・・。


どーも、あのタグってのは、分離可能なヤツに全て付けるみたいですね。

きっと後ろ指さされて笑われてうたんだろうなぁ・・・はぁ(ため息)。
[PR]
by driplanguage | 2005-12-05 23:59 | 日   記