ブログトップ
K-1 WORLD MAX 2005
今日は格闘技のお話。

この仕事がクソ忙しいのに見たいテレビ番組はしっかり録画です。
そして、夜な夜な夜更かしをして見るのです・・・・体が・・・・。

で、楽しみにしていた”K-1 WORLD MAX 2005”ですが、

トーナメントの一番大事な決勝戦つまり優勝を決める
試合の大部分がカットですよw
1Rだけ見せて、2R・3R・延長Rと3R分も完全にカットですよ!
そして再延長戦を放送して終了・・・・・・・・。

格闘技ファンをなめている。

そりゃたしかに日本人が1回戦姿をけしちゃったらってのはあるけど、
誰がどう考えてもオカシイよ!

プンプン(珠緒風)。


で、試合の内容。

・○魔裟斗vsザンビディス×
なんとも呆気ない試合でしたねーペース的にはザンビディスが有利な感じ
だったけど、途中で魔裟斗がカウンターでダウンを奪い、あとはひたすら
逃げ回ると言うまぁなんともお粗末な内容。
ダウンを奪ったパンチも体制を後方に崩しただけで、ダメージによる
ダウンじゃないし・・もともとどんな内容であれ、判定になれば
ザンビディスに勝ちはないのでKOを狙っていたと思うけど、
逆にダウンと取られてはもはや玉砕覚悟で一発狙いの試合運びしかないし
・・・・日本人はとにかく有利だよね。

・×小比類巻vsサワー○
序盤こそなかなかいい試合運びをしたが、中盤以降はペースをつかめず
とにかく消極的な試合運びの小比類巻はまったく見せ場もなく
パンチを浴びまくって判定負け・・・・まぁ当然かな。
一方的な試合にもかかわらず、ジャッジの1人がドロー判定だすなど
あり得ないジャッジ・・・・日本人贔屓はいい加減にヤメロヨ。

・○クラウスvsウェイン×
ボクシングスタイルのクラウスが1Rは圧倒、2Rはウェインがキックで
盛り返すが有効打はなく、トータル的にクラウスが制した感じ。
それほど力に差があった感じはしないけど、でも良い試合だった。
クラウスさすが!

・×安廣vsサワー○
前の試合の傷が悪化したのか、あっという間のTKO。
ルールとはいえ個人的にはザンビディスが上がってくるのがスジのような
きもしますが・・・戦闘不能にしたのも対戦相手の強さなわけだから。
安廣のあのアクロバティックなキックは倒れている相手に攻撃できないK-1
ルールでは反則だと思う、柔道でいえばかけ逃げにあたるもん。
技を出した後に転んでしまったのではなく、転ぶのが前提だもん。
あんな技は総合ルールだったら使わないでしょ?

・○ブアカーオvsクラウス×
クラウスが勝つかなぁーと思ったけど、ブアカーオのキックが勝ったね。
決定打はなかったけど、とにかく打数が多い。
ガードの上からだけど、両腕にかなりダメージをあたえていたかも。
たぶん、判定でも好印象だよね・・・事実上の決勝戦でした。
クラウスの調子が良さそうだっただけに残念。


・○サワーvsブアカーオ×
大部分がカットだったので、よくわからんが、おそらくサワーの方が
うまくパンチをヒットさせていたんじゃないですかねー。
延長戦もブアカーオはクリンチばかりでスタミナが完全に切れていましたね。
でも、サワーのパンチの技術はかなりの物だともうし、
ディフェンスもかなりしっかりしているし・・・・うーん。
判定でサワーが優勝なわけですが、まさかサワー優勝するとは・・・意外すぎる。


とにかく、いい加減に日本人贔屓のジャッジやテレビ放送など
どうにかしないと、本当の格闘技ファンは去っていくとおもうけどねー。
[PR]
by driplanguage | 2005-07-21 23:59 | 雑   書